足の臭いの原因

靴を脱ぐと放たれる強烈な足の臭い…なぜ足はあんなに臭うのでしょうか?

細菌の増殖

足の裏にはエクリン線という汗を出す汗腺が1平方センチメートルあたり約1000個密集しています。足の裏は身体の中で最も汗をかく部分で、1日に両足でコップ1杯の汗をかくといわれています。

汗自体に臭いは無いのですが、靴を履いている足は、汗をかいても水分が蒸発できないので、その水分で細菌が繁殖 して汗や脂質の成分を分解することで悪臭を放ちます。
特に革靴は通気性が悪く、革の臭いと足の臭いが混じって強い悪臭を出しやすいのです。女性のロングブーツも細菌が繁殖しやすいので、臭いが発生し、また水虫になりやすいのです。

また精神的発汗といわれる、緊張やストレスによってかく汗は手足に出てきます。ストレスなどによる汗は脂っぽくて強い臭いがします。

肝臓の機能の低下、体の疲労など、足の異常な臭いは体のトラブルサイン

足が異常に臭ったり、汗をかいたりする人、その汗が脂っぽい人は賢蔵の機能の低下体の疲労が考えられます。 体が酸性になると汗は臭います。

これは、運動不足による脚の筋力の低下、合わない靴を無理に履くことにより足の血行が悪くなり、姿勢が悪くなることによって起きる体の歪みによって、酸性の老廃物が体内に蓄積されてしまうことが原因です。

足のトラブルについては特集足裏つぼ図の指圧解説「足で健康診断」(別サイトが開きます)を参考にしてください。

次のページ>>足の臭いの予防とケア

スポンサードリンク