頭の臭いの予防

頭の臭いの予防は、地肌に付いた整髪料の残りかすや頭皮の汚れを洗い落とすことです。「美しい髪は、美しい地肌から」といいますが、頭の臭いや脱毛を予防するには清潔で健康な地肌を保つことがポイントです。

頭の臭い予防〜フケ用シャンプーや石鹸シャンプーは本当に良いのか?

フケ用シャンプー」という、フケの発生を防ぐ成分を配合したシャンプーが市販されています。しかし、「フケ用シャンプー」で人によっては頭皮が刺激されて頭が痒くなり、よけいにフケが出てしまうことがあります。

なぜ「フケ用シャンプー」なのになおさらフケがひどくなるのでしょう?

フケの中には細菌が潜んでおり、それを防ぐために強力な殺菌作用が含まれています。この頭皮の細菌のバランスが破壊されて、新たな細菌が繁殖して炎症を起こし、さらにフケが出てしまうのです。

合成洗剤が入っていないことが理由で注目されている石鹸シャンプーも、アルカリ度が高い、洗浄力の非常に強い洗浄力のシャンプーです。

頭の臭い

頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまうと、かえって皮脂分泌が活発になります。また、脱毛の原因にもなります。

しかしこれには個人差があり、「フケ用シャンプー」や「石鹸シャンプー」でフケ・かゆみが軽減された人もいるので、自分に合わないことが分ったら使用を中止して、刺激の少ないシャンプーに替えましょう。

頭の臭い予防〜洗髪の回数

シャンプーの回数は1日1回で十分です。洗髪によって頭皮の皮脂も洗い流されますので、乾いた皮脂は新たに皮脂を分泌させることになります。

よって1日に何度も髪を洗うと、何度も大量の皮脂が分泌されるので、なおさら皮脂分泌が促進され、頭の臭いを促進させてしまうのです。

頭の臭い予防〜頭皮の洗い方

頭を洗う際にブラシを使用する人がいますが、地肌には決して良くありません。ブラシが頭皮を刺激して気持ちよく、地肌がスッキリする気がしますが、ブラシの刺激がかえって地肌を痛めることになるのです。

ブラシの刺激により、頭皮の角質が剥がれ、皮膚の下にある毛細血管まで傷つけてしまうことになります。

頭皮が傷つくと、細菌が繁殖して炎症や脱毛の原因になります。

頭を洗うときはブラシを使用せずに、指の腹で頭皮を傷つけないようにしましょう。爪も地肌を傷つける恐れがあるので、短く切っておきましょう。

頭の臭い予防〜正しいシャンプーの使用方法

・頭にシャンプーをつけたまま長時間放置しない
シャンプーの役割は汚れを落とすことです。コンディショナーとは別物ですので、シャンプーを頭につけたまま長時間放置すると頭皮の炎症の原因になります。
・すすぎは十分に
シャンプーは化学薬品ですので、すすぎが不十分だとシャンプーの成分が髪に残り、髪や頭皮に悪影響を与えます。頭のシャンプーを十分に洗い流しましょう。

頭の臭い予防〜コンディショナーは地肌に良いのか?

人間の皮膚が潤いを保つためには、弱酸性であることが最も良い状態です。頭皮も皮膚と同様に、弱酸性に保つことが大切です。

シャンプー後の頭はアルカリ性で、皮脂分泌を抑えるためにもコンディショナーの使用をおすすめします。

スポンサードリンク