加齢臭の原因

加齢臭の原因「ノネナール」

化粧品メーカー資生堂が新商品発売の際に、中高年になるにしたがって起こる体臭の変化により発せられる「中高年特有の臭い(加齢臭)」の原因が「ノネナール」という物質にあると発表しました。
ノネナールとは汗腺のそばにある皮脂腺から出る脂肪酸が、酸化したり、あるいは皮膚表面のバクテリアの醗酵によって出来る不飽和アルデヒドのことをいいます。

ノネナールは、汗腺のそばにある皮膚腺から分泌される脂肪酸こと、バミルトオレイン酸が酸化することによって、あるいは皮膚表面のバクテリアによって醗酵でできる、不飽和アルデヒドです。

加齢臭を発生させる第一の原因は、ノネナールです。

アルデヒドと言えば、アルコールを分解するアセトアルデヒドの仲間で、二日酔いの翌日、酒臭さを発散させるのもこの手の類です。

複数の物質がありますが、体臭を感じさせるのはノネナールが強いようです。

40歳以降になると、ノネナールが増えるので、加齢臭が発生するのです。

ノネナールは、男女ともにあります。特に男性の方が活性化酸素に弱く、加齢臭が発生する可能性が高いのです。

加齢臭のもと、ノネナール=おじさんの臭い増加のしくみ

なぜ、年齢を重ねると中高年特有の臭い(加齢臭)の正体「ノネナール」が増加するのでしょうか?
人間の皮膚表面には、皮脂腺があります。この皮脂腺から脂肪が滲み出ることによって、皮膚にツヤと潤いを与えています。

40歳頃から、私達の身体は酸化に対する抑制力が低下します。

つまり、活性酸素に対する抵抗力が弱くなることにより、脂肪酸の分解、脂肪の過酸化を防ぐ力も弱まり、その結果「中高年特有の臭い(加齢臭)」の原因といわれる「ノネナール」を発生させるといわれています。

「加齢臭」は男性に多い?中年女性にも加齢臭はあるのか?

加齢臭の正体とされる物質、ノネナールは中高年の男女ともに性差無く発生する臭いのもとです。

20代30代の人の体臭からはほとんどノネナールが検出されなかったのが、40代以降の人では男女を問わず検出されたという調査結果がでています。

この、中高年の男女ともにノネナールが検出された結果から、加齢臭は中高年のおじさん特有の臭いでは無いといえます。

しかし閉経前の40歳代の女性はまだ女性ホルモンを持っているので、男性よりも酸化に対する抗制力が強いといえます。

だから男性の方が酸化に弱いのでノネナールを発生させてしまうのです。


人間なら誰でも加齢による皮膚や皮脂成分の変化は当然起こることなのですが、中高年男性は身だしなみや清潔に対する意識が他の世代よりも無いために、

加齢臭=おじさんの臭い=不潔」というイメージになってしまうのではないでしょうか?

では、加齢臭はどうやったら予防・軽減できるのでしょう?

次のページでは加齢臭の予防方法を解説しています。

スポンサードリンク

次のページ>>加齢臭の予防