加齢臭とは?おやじ臭?

ワキガ、加齢臭、体臭、おりものの臭い、口臭の悩み

最近よく耳にする加齢臭。以前は「おやじ臭」などと言われていた中高年男性特有の臭いの代名詞になっています。

資生堂が行った「日常生活で気になる体臭」のアンケート調査で、口臭についで「中高年特有のにおい(加齢臭)」が第2位に挙げられるなど、人々が「加齢臭」を気にしていることが分ります。

おじさん臭い(加齢臭)=不潔」な印象を与えないためにも、加齢臭の原因と発生の仕組みを知っておく必要があります。

加齢臭とは?、カレーの臭いや華麗な臭いと勘違いされがちですが、中高年特有の体臭の俗称です。

世界的に、日本人は体臭が少ない人種と言われています。

勿論、個人差はあります。2000年12月11日、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭は、不飽和アルデヒドのノネナールであることが発見されました。

加齢臭の解明方法は、20代から70代までの男女が着た、ポロシャツに付着した成分を分析したところ、男女ともに40代以降の年代から加齢臭の原因となるノネナールが検出されたことから、資生堂が加齢臭という名称を付けました。

加齢臭の成分は、青臭さと脂臭さを併せ持ち、男女の性差がなく、40歳以降に増加が認められます。加齢臭の原因となるノネナールの臭いは、ローソクや青カビ臭いチーズまたは古い本を置いてある図書館など、そういった臭いがします。

加齢臭は40歳以降からの臭いなので、昔は、おっさん臭いとかオヤジ臭いとか、言われていたのでしょう。男女の性差がないと書きましたが、男性の方が多く発生するようです。これは、もともと男性の方が皮脂の分泌量が多い事が第一の原因だと言われています。

過剰に肉類を摂取すると、皮脂に含まれる脂肪分も多くなり、分解するノネナールも多くなります。またストレスを溜めることによっても、加齢臭がひどくなります。

ストレスを多く持ち、食事が偏ってしまうと、老若男女問わず、加齢臭が発生するおそれがあります。

加齢臭は他人にどう思われているのか?

加齢臭は、自他ともに色々な体臭が混ざり合った臭い、オジサン臭いと誤解しがちです。

人間の体臭には口臭や頭皮臭、ワキガ、汗臭など様々あり、それらと加齢臭の原因となるノネナールとは違います。

一昔前の中高年男性は、整髪料、特にポマードを愛用する人が多く、全体的な体臭とポマードや整髪料の混ざり合った臭いが、オヤジ臭いというイメージが作り上げてしまって、オヤジ臭いという事だとなったのでしょう。

加齢臭は、40代以降の中年特有の臭いですが、他の体臭と違って、ノネナールの分解で発生する臭いなので、いわゆる体臭の一種だと思うのは、間違えなのです。

たとえ加齢臭が発生しなくても、結局は身だしなみや印象次第でオヤジ扱いされるかも知れませんので、注意しましょう。

次のページ>>加齢臭の原因

スポンサードリンク