加齢臭対策!売れ筋消臭石鹸の成分比較

加齢臭に効果があると話題の柿渋石鹸を、人気ランキングを参考にして紹介しています。(別サイトが開きます)

特集売れ筋柿渋石鹸を比較しました!

 

 

柿渋石鹸

柿渋石鹸の効果

柿渋(かきしぶ)石鹸は、柿タンニンを配合した石鹸で、加齢臭に効くと話題になっています。

柿渋エキスは、

未熟の青い渋柿をつぶし、圧搾してできた果汁を発酵させたもので、昔からその防虫、防腐効果が認められてきました。

また、火傷、しもやけ、水虫等の塗り薬として市民に利用されてきました。

柿タンニンは分子量約15000の高分子物質で、天然の消臭効果があるといわれており、

含有量もポリフェノールが含まれるワインの20倍、カテキンが含まれる緑茶の73倍なんです!

乳化剤

乳化剤は、毛穴に詰まった皮脂を溶かし、除去することが北欧フィンランドのヘルシンキ大学で確認されました。

つまり、乳化剤で、ニオイの原因である古くなった皮脂(過酸化脂質)を乳化・除去することができるのです。

乳化剤乳化剤

肌を乾燥させ過ぎることもないので、体臭予防対策だけでなく、ニキビ、吹き出物など肌のお悩みにも対応するのです。

ミョウバン

加齢臭対策のページで「体を清潔に保つこと」も予防の一つであると述べました。

臭いは皮膚表面の雑菌が汗の成分を 分解することで発生するので、

肌を弱酸性に保つことで皮膚に雑菌が繁殖することを防ぎ、汗と ともに放出されるニオイのもとを予防できます。

すなわち、酸性の皮膚では雑菌の繁殖が抑制され、 結果的に臭いが抑えられることになるのです。

ミョウバンは、古代ローマ時代から染色剤や防水剤、消火剤、皮なめし剤、沈殿剤などに用いられてきました。

また、昔からすでに脇の制汗・防臭剤としても使用されていました。

加齢臭への効果としては柿渋石鹸ほど話題ではありませんが、体臭には効きそうです。

スポンサードリンク