おりもの・性器の臭いの原因と性病について

ワキガ、加齢臭、体臭、おりものの臭い、口臭の悩み

女性のおりものと性器の臭いについての原因を説明します。成人女性なら臭いがあるのは当然のことなのですが、女性のデリケートな部分ですのでなかなか人に相談できない、病院にいくのも恥ずかしい…
一人で悩んでしまいがちなおりものや性器の臭いの問題です。
しかし女性の大切な体の問題ですので、

まずはおりもの・女性器について正しい知識を得て、ケアし、異常だと思ったら早めに病院で検査しましょう。

おりものとは?

おりものとは、帯下とも呼ばれる頸菅粘液、子宮内膜液などの分泌物です。

膣分泌物のほとんどは水ですが、排卵前にきれいな粘り気のあるおりものが増えることがあります。

おりものの成分はハイドロカーボン、グリセライド、コレステロールのエステル、脂肪酸、リン 脂質などです。

正常な状態でもおりものは分泌されますが、排卵期、月経前、妊娠中にはおりものの量が増えることがあります。

おりものの臭いの原因

正常な状態でも多少おりものの臭いはありますが、病気が原因の場合や膣内の傷が原因で強い臭いがしたり、色が変色したり、量が増えることがあります。

おりものの臭い・量はその人の体質的なものにもよりますが、臭いがひどい、変色などの異常を感じたら性病などの感染の可能性もありますので、早めに病院に行って検査を受けましょう。性器の臭いも同様で、早期の受診が大切です。

外陰部を不潔にしている
生理用品の長期使用や、タンポンの出し忘れ、下着を取り替えないなど、外陰部を不潔にしていると臭いの原因となる雑菌が繁殖します。

また下着のムレやスレも臭いの原因になります。ファッション重視ではなく吸水性が良く、自分の体に合ったサイズの下着を着用しましょう。

外陰部を清潔にすることは大切ですが、気にしすぎて膣内を洗浄しすぎるのもかえって良くないのです。

膣内を洗いすぎると膣内の自浄作用が弱まって、細菌感染を起こしてしまうことがあります。

ビデの使いすぎにも注意しましょう。

子宮内膜炎や卵管炎
おりものが黄色で、量が増え、発熱や下腹部痛を伴う場合は子宮内膜炎や卵管炎の可能性があります。

性交渉による細菌の感染
膣内は酸性です。男性の精液はアルカリ性ですので、性交渉で膣内射精を頻繁に行うと膣内が中和されて細菌性腟炎になる場合があります。

子宮頚がん、子宮体がん
りものに血が混じって茶褐色や赤っぽい色で悪臭がします。量も増加します。
参考サイト:子宮頸がんの原因と予防を知りましょう!(別サイトが開きます)

クラミジア
緑色のおりもので、下腹部に痛みがある場合。

トリコモナス腟炎
トリコモナス原虫の感染によって起こる炎症。おりものは黄色く膿のように粘り気ががあり、量も多く泡立っていることもあります。

トリコモナス膣炎は、主にセックスによって感染しますが、風呂場や脱衣場で感染することもあります。

トリコモナス腟炎になると、おりものの臭いが強くなる他、黄色っぽい色になったり、外陰部のかゆみも生じます。

尿道炎や外陰炎などを起こし、排尿時にしみたり、歩くときにすれて痛みを感じるようになります。

淋病
黄緑色または茶色の膿のようなおりものが出ます。おりものの臭いは強く、感染後、2〜8日の潜伏期間の後に発病します。

頻尿になり、ヒリヒリした痛みとかゆみ、排尿痛などの症状があらわれます。

膣カンジダ症
おりものの色は白または黄色っぽく、チーズ状の固形物のようになります。

おりものの異常の原因が病気の場合に多いカンジダ真菌というカビの一種によって起こる細菌感染症です。

性器の臭いの原因

尿の臭いと、尿が空気中で酸化したり細菌によって分解されて強い臭いを発する

膣表面からタンパク質を含んでいる細胞や血しょうが剥がれて、これらが膣内の細菌に分解されて臭いの原因になります。

生殖器に分布するアポクリン線、バルトリン線からの粘液が混じる。
アポクリン線について詳しくはワキガの原因を参照してください。

性交した後に残る精液や、男性の尿道球線・カウパー線などからの分泌物、尿道に 残った尿などが性器に付着して臭いを発します。

性器にはコリネバクテリア、バクテロイデス、などいろんな細菌生息しています。

いろんな粘液物質が膣内部やその付近で混合し、また膣内部には細菌もいるので、こ れらが性器の臭いの原因となることがあります。

スポンサードリンク

次のページ>>おりもの・性器の臭いの予防とケア