ワキガの原因

ワキガ、加齢臭、体臭、口臭の悩み解決講座

わきの下から鼻をつくような臭いが放たれる症状が「ワキガ」です。

わきの下は体の中で一番体臭が強いといわれていて、普段わきの下が臭わない人でも、汗をたくさんかいてもシャワーを浴びなかったり、着替えをしなかったりすると臭いを発することがあります。

ワキガ特有の強い臭いは思春期以降に出てくるもので、大人なら誰でも持っている臭いなのです。

ワキガは病気ではなく、どの程度のわきの下の臭いがワキガになるのかという基準もありません。
しかし、体臭・口臭と同様、自分の臭いを気にしすぎたり、自分の臭いがひどいと思い込むと、他人に近づくのを避けたり、臭いが原因で嫌われていると思い込んだりして精神的な病になりかねません。
外科手術でワキガを改善する方法もありますが、最初になぜワキガが発生してしまうのか、ワキガの原因を知って予防・ケアしましょう。

ワキガの原因は汗?

ワキガ、加齢臭、体臭、口臭の悩み解決講座

ワキガの原因として汗があげられるが、汗そのものに臭いはほとんどなく、汗の成分の酸化や皮膚の細菌の分解によって臭いが生じるのです。
汗は「エクリン線」「アポクリン線」「皮脂腺」という異なる経路から出てくるもので、それぞれから出る汗の成分は違うものなのです。

エクリン線から出る汗

エクリン汗線の汗は暑いときや体を動かして体の温度が上がったときに、体温を下げる為に表皮から出る汗で、全身の皮膚に分布しています。
エクリン汗腺から出る汗の成分はほとんどが水分で、臭いがありません

アポクリン汗腺から出る汗

アポクリン汗腺は、わきの下だけでなく乳首の周り、陰部、瞼のふち、ヘソ周辺、などにも分布しています。精神的発汗といわれる、緊張や興奮にはアポクリン線から汗が分泌されます。

皮膚から直接出てくるエクリン線の汗と違って、アポクリン線からの汗は毛穴を通って皮膚に出てきます。

また汗の成分もエクリン線の汗とは異なって、脂質やタンパク質、糖分、アンモニアなどを含んでおり、黄色や赤っぽい色をしています。

つまり、ワキガの強い臭いの原因となるのは「アポクリン線」から出る汗なのです。

ワキガを発する原因と過程

最初に汗そのものに臭いは無いと述べましたが、アポクリン線の汗も分泌された直後は臭いがありません。

わきの下の皮膚に生息しているブドウ球菌やグラム陰性桿菌などの細菌が、汗の成分のひとつである脂質を酸化・分解してつくられたアンモニア、インドールなどの物質が臭いを発生させるのです。

これら臭いの原因となる物質は、汗が出てから1時間くらいでつくられます。

スポンサードリンク

次のページ>>ワキガになりやすい人とは?

注目名医が教えてくれた"わきが"改善法!

名医が教えてくれた"わきが"改善法!

高額な費用をかけて手術などする必要はありません。わきがを直した舌間忠利(したま ただとし)さん著。

詳細はこちら>>

 

 

 

 

注目ワキガ・ワキ汗完全撃退プログラム

ワキガ・ワキ汗完全撃退プログラム

1日7分、たったの10日間ほどでワキガを改善するプログラム。

詳細はこちら>>

 

 

 

注目内田式ワキガ改善プログラム

内田式ワキガ改善プログラム

まず自分のワキガタイプを知って、5分間の自律神経改善法など4ステップの方法で元から改善!セルフチェック方法や再発防止策もあります。

詳細はこちら>>