ワキガの予防、治療方法

ワキガの予防、治療には清潔に手入れし、市販のデオドラント剤や制汗剤を使用する方法とアポクリン線を外科手術によって除去する方法などがあります。

わきの下を清潔に保つ・わき毛を剃る、短くカットする

体を常に清潔な状態に保ちましょう。必ず就寝前にはシャワーを浴び、下着を取り替え、下着や衣類はこまめに洗濯しましょう。

最近はわきの汗を取る専用のパッドやパッド付下着が市販されています。

朝晩の2回、殺菌作用の強い薬用石鹸でわきの下をよく洗浄します。市販の制汗剤・デオドラント剤の使用も効果的です。

男性では抵抗がある人がいるかもしれませんが、わき毛の処理(剃る)やカットすることで臭いを抑えることができます。

わき毛がなくなることで、わきの下の細菌が繁殖しにくい状態になるからです。カットする場合は1センチくらいまで短くします。

制汗剤、デオドラント剤の種類

レモンやミント、フローラル系などの香りのついたものから無香料まで、色んな種類の制汗・デオドラント剤が市販されています。

どれも手頃な値段ですので、自宅用、外出用携帯、などシーン別に複数を使い分けることも可能ですので、自分に合うデオドラント剤を選んでください。

香りのきついものは体臭と混じってかえって悪臭となる危険性もありますので、それが気になる人や体臭の強い人には無香料タイプがおすすめです。

もし、皮膚に異常を感じたらすぐに使用を中止して、医師や皮膚科に相談しましょう。

スプレータイプ
手軽に使用できるスプレータイプは最も人気のあるデオドラント剤で、多くの種類が出回っています。

わき毛が邪魔してスプレーから発射された有効成分が皮膚に十分行き渡らないので、このタイプはわき毛を処理している人、薄い人、生えていない人向きです。

ロールオンタイプ
携帯に便利な小さいもので、ロール状になっている先端部分を皮膚に押し付けて成分を塗りつけるタイプ。

わき毛がある人、多い人に向いています。塗布後、乾燥させるとより制汗・デオドラント効果がアップします。

ペーストタイプ
直接わきの下に塗るタイプ。パウダー、ジェルなど。

シート
消臭効果のある成分をシートに染み込ませてある。

脂肪の過剰摂取をしない

脂肪は皮下組織に蓄積されるので、アポクリン腺や皮脂腺を刺激していっそうワキガの臭いを強くします。

肉よりは魚や野菜(特に緑黄色野菜)といった、高栄養・低カロリーな食事を心がけましょう。

ワキガの手術

普段からわきの下を清潔に保ち、気を使っているのにワキガの臭いが気になる場合は、手術でアポクリン線を除去するという方法もあります。

ワキガ・多汗症の手術方法には、切開法、吸引法、皮下組織そうな法、皮下組織削除法などがあります。

手術によって臭いを軽減することはできますが、個人差もありますので、100%完治するとは言えません。手術の方法も医師によって異なるので、ここでは一般的な方法を簡単に説明します。

切開法

皮膚を切ってアポクリン腺を除去する方法。傷跡が多少残りますが、切開する範囲が広いので臭いを抑える効果は高い。

吸引法

アポクリン線を剥離して吸引する方法。切開する範囲が少ないので傷跡が少なく済むがその分、切開法よりも効果は低い。

スポンサードリンク

次のページ>>多汗症の原因と予防、治療例

注目名医が教えてくれた"わきが"改善法!

高額な費用をかけて手術などする必要はありません。わきがを直した舌間忠利(したま ただとし)さん著。

詳細はこちら>>

 

 

 

 

注目ワキガ・ワキ汗完全撃退プログラム

ワキガ・ワキ汗完全撃退プログラム

1日7分、たったの10日間ほどでワキガを改善するプログラム。

詳細はこちら>>

 

 

 

注目内田式ワキガ改善プログラム

内田式ワキガ改善プログラム

まず自分のワキガタイプを知って、5分間の自律神経改善法など4ステップの方法で元から改善!セルフチェック方法や再発防止策もあります。

詳細はこちら>>